「世界のへんな肉」白石あづさ氏

公開日: 更新日:

 世界100カ国以上を約3年かけて巡り、各国で出合った動物とその味についてつづった異色の旅エッセーである。

「旅の楽しみといえば何といっても食事。国が替われば食材も調理方法も変わり、市場で珍しい果物などを見て驚くこともしばしばでした。けれど一番衝撃だったのは、その国で食べられている肉。日本では絶対に食材と見なさない動物が、フツーに食べ物として認識されているんですよ。それでかわいそうと思いつつも、もしかしておいしいのかも? と好奇心にかきたてられたんです」

 エジプトでは恐る恐る口にしたラクダのケバブ(串焼き)の鹿肉のような味わいに驚き、ケニアではインパラが牛肉にそっくりのうまさで悶絶する。そして、サバンナではダチョウに追いかけられマサイ族に助けられたり、真夜中のアマゾンでワニを生け捕りに出かけるなどレアな体験の中で著者は動物と触れ合い、また食を通して現地の人々と交流を深めていく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る

人気キーワード