「世界のへんな肉」白石あづさ氏

公開日: 更新日:

 世界100カ国以上を約3年かけて巡り、各国で出合った動物とその味についてつづった異色の旅エッセーである。

「旅の楽しみといえば何といっても食事。国が替われば食材も調理方法も変わり、市場で珍しい果物などを見て驚くこともしばしばでした。けれど一番衝撃だったのは、その国で食べられている肉。日本では絶対に食材と見なさない動物が、フツーに食べ物として認識されているんですよ。それでかわいそうと思いつつも、もしかしておいしいのかも? と好奇心にかきたてられたんです」

 エジプトでは恐る恐る口にしたラクダのケバブ(串焼き)の鹿肉のような味わいに驚き、ケニアではインパラが牛肉にそっくりのうまさで悶絶する。そして、サバンナではダチョウに追いかけられマサイ族に助けられたり、真夜中のアマゾンでワニを生け捕りに出かけるなどレアな体験の中で著者は動物と触れ合い、また食を通して現地の人々と交流を深めていく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  8. 8

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  9. 9

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

  10. 10

    日テレが大博打 原田知世&田中圭で“2クール連続ドラマ”

もっと見る