「2017年 日本はこうなる」三菱UFJリサーチ&コンサルティング編

公開日:  更新日:

 2017年の日本と世界を展望したリポート。

 リーマン・ショック以降の世界経済の潮流は17年も大きく変わることはない。景気は世界的に力強さを欠いた状態が続き、金融市場はイベントリスクに対して敏感で不安定な地合いで、金融市場の混乱が世界景気を下振れさせる危険性に注意が必要だと警告。日本経済は、目先の経済成長率や物価目標ばかりに目を奪われているが、今年は高齢化社会に備え、財政や金融政策の健全化に真剣に取り組まなければならないと指摘する。

 その他、「ミャンマー市場」や「民泊法案の行方」など、ビジネスから社会や文化、政策まで、各分野から注目すべき86のキーワードを選んで今年の動向を展望・解説する。(東洋経済新報社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る