「口腔医療革命食べる力」塩田芳享著

公開日:

 食べることが健康の基本でありながら、病院では「食が軽視されて」おり、「食べられない高齢者」が増えているという。実際、退院した高齢者は大抵、元気がない。その実態に一石を投じるのがこの本。

 驚くことに誤嚥や窒息が怖くて「高齢者は食べてはいけない」と考えている医師が少なからずいるという。しかも、口腔内には医科と歯科の境界線があるがゆえに、「噛む力」「送り込む力」「のみ込む力」のすべてを一人で診ることのできる、医師や歯科医師はいないという。

 著者は、映画の助監督後にNHKや日本テレビなどの報道番組の演出も手掛けた医療ジャーナリスト。食べることがいかに重要かを訴え、食べさせるための努力がなぜ重要で、そのための努力がどのように行われ、どんな効果を生んでいるかを紹介している。巻末の家で簡単にできる「噛む力」のリハビリも役に立つ。介護をしている人や高齢者と一緒に暮らしている人には読んで欲しい。(文芸春秋 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る