「ただしくないひと、桜井さん」滝田愛美著

公開日: 更新日:

 子どもたちから「桜井さん」と呼ばれる大学生の僕は、NPO団体が運営する「ぽかぽかハウス」のボランティアスタッフ。僕の担当は金曜日で、子どもたちの宿題をみたり、将棋の対戦相手をしている。いつもテキトーな返事をするので皆に呆れられているが、結構、秘密も打ち明けられる。中学3年で豊満ボディーの柚希に「痴漢されて気持ちいいねん。桜井さん、私のこと触って?」と迫られたときは困ったけど。

 ある日、ハウスに通う中学3年生の太郎の母親が病気で亡くなり、その数日後、父親が淫行で逮捕されるという事件が起こる。被害者は太郎の同級生でもある柚希だった。僕は太郎を誘って静かな公園に向かい、一通の手紙を見せた。(「正義のみかた」)

 不倫、自殺、売春などその裏にある切実な痛みを描いた、第13回「女による女のためのR-18文学賞」読者賞受賞作。(新潮社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    志村けんさん「笑いの美学」鉄道員で共演の高倉健も惚れた

  3. 3

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  4. 4

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  5. 5

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  6. 6

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  7. 7

    月25万円の年金生活 2万円で大好きな遺跡や寺社仏閣巡り

  8. 8

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  9. 9

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

  10. 10

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

もっと見る