• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「白い衝動」呉勝浩著

 スクールカウンセラーを務める奥貫千早のところに高校1年生の野津秋成が相談に訪れた。秋成は「ぼくは、人を殺してみたい」、それも「殺すべき人間を殺したい」と言う。そのころ、千早の住む町に、かつて複数の女子高生を強姦した上に重傷を負わせ、服役して出所した入壱要が移ってきた。夜の公園で千早は入壱の姿を見た。それは16年ぶりの再会だった。彼は千早の中学時代にやってきた教育実習生だったのだ。千早の夫が担当するラジオの番組で入壱の現住所が暴露された後、秋成は「見つけた」と弟に言い残して姿を消した。殺人衝動を抱えた人間を社会は受け入れることができるのか。

 重いテーマに取り組んだ長編小説。(講談社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  2. 2

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  3. 3

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  4. 4

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  5. 5

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  6. 6

    TVから消え10年超…小橋賢児さんイベント仕掛人になるまで

  7. 7

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  8. 8

    遺族の感情逆なで 堀内議員“高プロ”強行採決で大ハシャギ

  9. 9

    日ロ会談は成果ゼロ プーチンに見切られた安倍首相の末路

  10. 10

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

もっと見る