「白い衝動」呉勝浩著

公開日:

 スクールカウンセラーを務める奥貫千早のところに高校1年生の野津秋成が相談に訪れた。秋成は「ぼくは、人を殺してみたい」、それも「殺すべき人間を殺したい」と言う。そのころ、千早の住む町に、かつて複数の女子高生を強姦した上に重傷を負わせ、服役して出所した入壱要が移ってきた。夜の公園で千早は入壱の姿を見た。それは16年ぶりの再会だった。彼は千早の中学時代にやってきた教育実習生だったのだ。千早の夫が担当するラジオの番組で入壱の現住所が暴露された後、秋成は「見つけた」と弟に言い残して姿を消した。殺人衝動を抱えた人間を社会は受け入れることができるのか。

 重いテーマに取り組んだ長編小説。(講談社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  9. 9

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る