「愛しの富士そば」鈴木弘毅著

公開日: 更新日:

 著者は、小学生時代からひとりで暖簾をくぐるほどの無類の駅そば、立ち食いそば好き。その著者が立ち食いそば・うどんチェーン店の大手「名代 富士そば」全国116店の実食をし、その成果をまとめ上げたのが本書。

 立ち食いそばなんて、どこで食べても同じだろうと思ってしまいがちだが、富士そばは、ベースメニューや期間限定メニューを除いて、基本的に各店舗のメニューは店長が独自に決めており、その結果、店舗ごとにメニューがバラバラとなる。本書に登場するのは、しめじ生姜そば、肉しゃぶそば、鶏ねぎそば、ポパイそば、とろ玉ゆずほうれん草そば、トルネードポテトそば、ブレーメンそば、葉大根そぼろそば、辛唐そば……といった個性的なメニュー。その他、各種のうどん、ラーメン、丼物なども紹介され、メニューの豊富さをうかがわせる。

 実食リポ以外にも、富士そばの歴史、だしや製麺の秘密に迫り、24時間密着取材を敢行し、海外支店にも出掛けていくなど、まさに富士そばに関する百科全書。(洋泉社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  4. 4

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  10. 10

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

もっと見る