「三流の維新一流の江戸」原田伊織著

公開日:

 薩摩・長州藩士が、封建的な徳川体制を打ち破り、西欧列強諸国による植民地化を防いで、日本を近代国家にしたというストーリーで語られる明治維新。果たして戦後日本人が学んだ近代史は、正しかったのか。

 本書は、明治維新を起点とする近代史を検証した歴史検証本だ。

 近代の幕開けとされる明治維新は、歴史上存在しないと著者はいう。この時期に起きたのは、薩長藩士による政治・軍事活動であり、ヒーローとして描かれる薩長の武士は、英国の支援を受けて大量の武器を買い入れている。それはアルカイダが大国から武器を供給されたのと同じであり、暗殺をもためらわない彼らは、テロリストでしかなかった。

 しかも、スローガンとなった尊王攘夷も、口実でしかない。むしろ、明治政権が全否定した江戸こそ、平和を維持し、エネルギーの循環体系が存在した社会だった。将来世代が生きる上でのヒントは、維新によって隠されてしまった江戸にこそあるという指摘が興味深い。(ダイヤモンド社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

もっと見る