「悪医」久坂部羊著

公開日:

 52歳の小仲は、早期の胃がんが見つかり手術。担当医の森川は、95%治ると断言したが、11カ月後に肝臓へ転移。苦しい抗がん剤治療に耐えたが、がんはさらに腹膜にも転移し、森川からもう治療法がないと余命3カ月を告げられる。

 セカンドオピニオンを求めて訪ねた大学病院では、他の小さな病院を紹介され失望。そんな中、小仲は新聞で抗がん剤を専門に扱うがん薬物療法専門医の存在を知る。

 一方、小仲に下した結論に自信を持つ森川だが、もし自分が患者だったらと考えると答えが見つからない。

 医者と患者の関係を描く第3回日本医療小説大賞受賞作。(朝日新聞出版 680円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る