「悪医」久坂部羊著

公開日: 更新日:

 52歳の小仲は、早期の胃がんが見つかり手術。担当医の森川は、95%治ると断言したが、11カ月後に肝臓へ転移。苦しい抗がん剤治療に耐えたが、がんはさらに腹膜にも転移し、森川からもう治療法がないと余命3カ月を告げられる。

 セカンドオピニオンを求めて訪ねた大学病院では、他の小さな病院を紹介され失望。そんな中、小仲は新聞で抗がん剤を専門に扱うがん薬物療法専門医の存在を知る。

 一方、小仲に下した結論に自信を持つ森川だが、もし自分が患者だったらと考えると答えが見つからない。

 医者と患者の関係を描く第3回日本医療小説大賞受賞作。(朝日新聞出版 680円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池知事が安倍政権にケンカ売る「Go To」狙い撃ちの計算

  2. 2

    上沼恵美子は「そうそう」と笑顔の次の瞬間「黙っとれ!」

  3. 3

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    池江璃花子は闘病で筋肉失うも…ブランクがプラスになる訳

  8. 7

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  9. 8

    UUUMを疑問視「20%は割に合わない」と退所決めたYouTuber

  10. 9

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  11. 10

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

もっと見る