「ハリネズミの願い」トーン・テレヘン著、長山さき訳

公開日: 更新日:

 ひとりぼっちのハリネズミは、今まで誰も招待したことがなかった。誰の誕生日でもなく、祝うことも何もなかったが、招待状を出そうと考えた。招待状の最後に「でも、だれも来なくてもだいじょうぶです」と書いた。

 本当は誰にも来てほしくないんじゃないかと思われるかもしれない。そう思って手紙を戸棚の引き出しにしまった。もしかしたら誰も来ないかもしれない。〈いまは〉出すのはやめよう。〈まだ〉出すのはやめよう。〈当分〉は……。ハリネズミの心は〈いまは〉と〈まだ〉と〈当分〉の間を揺れ動く。みんないっせいに訪ねてくるかもしれない。かなり日のたった小さなケーキがひとつあるだけだ。

 臆病なハリネズミの物語。(新潮社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻“選挙買収”捜査本腰へ急展開 落選議員が検察援護

  2. 2

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  3. 3

    松方弘樹は釣りと並んで女にも入れあげて力いっぱい生きた

  4. 4

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  5. 5

    不倫報道のJr.を“一罰百戒” 滝沢秀明副社長いきなり正念場

  6. 6

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  7. 7

    元SMAPで独り勝ち キムタクが歩むジャニーズ大幹部への道

  8. 8

    落合は「絶対に当てないから大丈夫」と涼しい顔で言った

  9. 9

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  10. 10

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る