「ハリネズミの願い」トーン・テレヘン著、長山さき訳

公開日: 更新日:

 ひとりぼっちのハリネズミは、今まで誰も招待したことがなかった。誰の誕生日でもなく、祝うことも何もなかったが、招待状を出そうと考えた。招待状の最後に「でも、だれも来なくてもだいじょうぶです」と書いた。

 本当は誰にも来てほしくないんじゃないかと思われるかもしれない。そう思って手紙を戸棚の引き出しにしまった。もしかしたら誰も来ないかもしれない。〈いまは〉出すのはやめよう。〈まだ〉出すのはやめよう。〈当分〉は……。ハリネズミの心は〈いまは〉と〈まだ〉と〈当分〉の間を揺れ動く。みんないっせいに訪ねてくるかもしれない。かなり日のたった小さなケーキがひとつあるだけだ。

 臆病なハリネズミの物語。(新潮社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  7. 7

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  8. 8

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  9. 9

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  10. 10

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る