「人を、殺してみたかった名古屋大学女子学生・殺人事件の真相」一橋文哉著

公開日: 更新日:

 世間を震撼させた殺人事件の犯人の心の闇に迫るノンフィクション。

 昨年末、名古屋大学理学部に通う19歳のマリー(仮名)は、アパートの自室で知人を殺害。77歳の被害者は、数カ月前に宗教の勧誘をきっかけに知り合ったばかりだった。約50日後に逮捕されたマリーは、小学生のころから殺人願望を抱き、殺す相手は誰でもよかったと供述。凶器の手おのもいつか来るその日のために中学時代に用意したものだと話す。少女時代から薬品を集め、「宮城(出身地)のサカキバラ」になると連続殺人犯をあがめていた彼女の殺人願望は、高校時代、同級生に劇薬を飲ませるまでエスカレートしていく。関係者を取材、その人格形成の背景をたどる。

(KADOKAWA 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    FA市場の大物が売れ残る背景…“格下”より低い金額を拒否

  9. 9

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  10. 10

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

もっと見る