「人を、殺してみたかった名古屋大学女子学生・殺人事件の真相」一橋文哉著

公開日: 更新日:

 世間を震撼させた殺人事件の犯人の心の闇に迫るノンフィクション。

 昨年末、名古屋大学理学部に通う19歳のマリー(仮名)は、アパートの自室で知人を殺害。77歳の被害者は、数カ月前に宗教の勧誘をきっかけに知り合ったばかりだった。約50日後に逮捕されたマリーは、小学生のころから殺人願望を抱き、殺す相手は誰でもよかったと供述。凶器の手おのもいつか来るその日のために中学時代に用意したものだと話す。少女時代から薬品を集め、「宮城(出身地)のサカキバラ」になると連続殺人犯をあがめていた彼女の殺人願望は、高校時代、同級生に劇薬を飲ませるまでエスカレートしていく。関係者を取材、その人格形成の背景をたどる。

(KADOKAWA 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  3. 3

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  4. 4

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  5. 5

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  8. 7

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  9. 8

    久米宏は日本のテレビやラジオにまだ必要だ

  10. 9

    西村コロナ担当相がイラつき激高 “逆ギレ会見”に批判殺到

  11. 10

    安倍首相「自画自賛ウソ会見」と何も突っ込まないお粗末記者

もっと見る