「人を、殺してみたかった名古屋大学女子学生・殺人事件の真相」一橋文哉著

公開日:  更新日:

 世間を震撼させた殺人事件の犯人の心の闇に迫るノンフィクション。

 昨年末、名古屋大学理学部に通う19歳のマリー(仮名)は、アパートの自室で知人を殺害。77歳の被害者は、数カ月前に宗教の勧誘をきっかけに知り合ったばかりだった。約50日後に逮捕されたマリーは、小学生のころから殺人願望を抱き、殺す相手は誰でもよかったと供述。凶器の手おのもいつか来るその日のために中学時代に用意したものだと話す。少女時代から薬品を集め、「宮城(出身地)のサカキバラ」になると連続殺人犯をあがめていた彼女の殺人願望は、高校時代、同級生に劇薬を飲ませるまでエスカレートしていく。関係者を取材、その人格形成の背景をたどる。

(KADOKAWA 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る