「嵐を呼ぶ少女とよばれて」菱山南帆子著

公開日: 更新日:

 環境問題に関心をもつ両親のもとに生まれた著者は、小学5年生のとき、担任教師の差別的な発言に抗議して、同級生を率いて授業をボイコットした。卒業式の「君が代」強制などに息苦しさを感じるようになり、「金で自由を買う」と言って私立の和光中学校に入学する。1年のとき、アメリカのイラク攻撃に反対して、学校内で自分の名を明記した反戦ビラを配ったが、自由な校風で、制止されることはなかった。社会人となってからは、市民運動と出合い、脱原発などのデモに参加するようになる。国会前でシュプレヒコールのリーダーを務める女性の、自らの信念に従うまっすぐな生き方をつづった自伝。(はるか書房 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    東出の不倫をチクリ “ホスト界の帝王”ローランドの新名言

  4. 4

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  5. 5

    杏&東出昌大「2億円豪邸」は離婚危機の歯止めにならない?

  6. 6

    白鵬の言動「恥ずべきこと」と八角理事長 広報部長も喝!

  7. 7

    徳勝龍の幕尻V盛り上がりで再燃 相撲ファンに白鵬“不要論”

  8. 8

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  9. 9

    20年ぶりの幕尻V 徳勝龍を支えた肝っ玉母と美人妻を直撃

  10. 10

    渡辺謙は不倫にダンマリ…義理の息子を叱れない“不肖の父”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る