• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「短編少女」集英社文庫編集部編 荻原浩ほか著

 高校1年の江美利は授業中、窓の外の景色ばかりを眺めて過ごす。祖母がフランス人の江美利だが、その恩恵は全くなく、容姿に自信がない。たった一人の友人しづくのような美しさを持った女性に生まれ変わって、憧れの奥井先輩と付き合ってみたいものだと夢想する。授業中、江美利は窓から見える丘のてっぺんの雑木林の隙間から小さな光が瞬いているのに気付く。モールス信号の本で解読すると、光は「げんきですか」と問いかけているようだった。 一方で、江美利はしづくが密かに奥井先輩と交際しているのではないかと疑念を抱く。(三浦しをん著「てっぺん信号」)

 人気作家9人が「少女」をテーマに競作したアンソロジー。(集英社 620円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

もっと見る