「短編少女」集英社文庫編集部編 荻原浩ほか著

公開日:

 高校1年の江美利は授業中、窓の外の景色ばかりを眺めて過ごす。祖母がフランス人の江美利だが、その恩恵は全くなく、容姿に自信がない。たった一人の友人しづくのような美しさを持った女性に生まれ変わって、憧れの奥井先輩と付き合ってみたいものだと夢想する。授業中、江美利は窓から見える丘のてっぺんの雑木林の隙間から小さな光が瞬いているのに気付く。モールス信号の本で解読すると、光は「げんきですか」と問いかけているようだった。 一方で、江美利はしづくが密かに奥井先輩と交際しているのではないかと疑念を抱く。(三浦しをん著「てっぺん信号」)

 人気作家9人が「少女」をテーマに競作したアンソロジー。(集英社 620円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る