• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「幕末武士の京都グルメ日記」山村竜也著

 明治維新の折、榎本武揚らとともに最後まで抵抗して散った隻腕のラストサムライ伊庭八郎秀穎。彼は死の5年前の元治元(1864)年、将軍家茂の上洛に警護の一員として随行。本書は、初めての京都で名所めぐりやグルメを楽しんだ八郎が書き残した日記を読み解く歴史読み物。

 正月15日、陸路で京に着いた八郎は、江戸から船で伏見に到着した将軍を出迎え二条城へ。翌日から御所に参内する将軍の警護のかたわら、任務の合間に北野天満宮や金閣寺を観光。都で一番という料理屋「澤甚」のウナギに舌鼓を打ったかと思えば、通っていた剣術の稽古場で「天王寺かぶの千枚漬け」を食べたりと忙しい。幕末の緊迫する京都でのんきに過ごす幕臣のリアルな日常を紹介。(幻冬舎 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  5. 5

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る