「男性機能の『真実』」永井敦著

公開日:

 勃起したペニスを見るなんてぞっとする――。泌尿器科医になった頃はそう思っていた筆者だが、ひょんなことからEDの研究に取り組み始めた。国内の“ED治療の雄”といわれていた東邦大学大森病院で一流の診療技術を学び、「これからは射精の時代だ」という言葉に誘われ、古巣の岡山大学で射精の研究にのめり込むように。その中で、勘違いも多い射精について、「真実」を知ることになる。

 近年、勃起障害(ED)の治療は、性生活の充実や妊娠を可能にするだけでなく、血管の若返り、記憶力アップ、糖尿病などで傷ついた神経の回復などに効果があることが明らかになっている。また、EDは重大病の発見にもつながる。恥ずかしいからと、放置しておいていい状態ではないのだ。男性機能への認識が、間違いだらけであることに気付かせてくれる一冊。(ブックマン社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る