「男性機能の『真実』」永井敦著

公開日: 更新日:

 勃起したペニスを見るなんてぞっとする――。泌尿器科医になった頃はそう思っていた筆者だが、ひょんなことからEDの研究に取り組み始めた。国内の“ED治療の雄”といわれていた東邦大学大森病院で一流の診療技術を学び、「これからは射精の時代だ」という言葉に誘われ、古巣の岡山大学で射精の研究にのめり込むように。その中で、勘違いも多い射精について、「真実」を知ることになる。

 近年、勃起障害(ED)の治療は、性生活の充実や妊娠を可能にするだけでなく、血管の若返り、記憶力アップ、糖尿病などで傷ついた神経の回復などに効果があることが明らかになっている。また、EDは重大病の発見にもつながる。恥ずかしいからと、放置しておいていい状態ではないのだ。男性機能への認識が、間違いだらけであることに気付かせてくれる一冊。(ブックマン社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  5. 5

    狙い目はリネン 外出自粛明けの春服セールで買うべきもの

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  8. 8

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  9. 9

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  10. 10

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

もっと見る