• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「男性機能の『真実』」永井敦著

 勃起したペニスを見るなんてぞっとする――。泌尿器科医になった頃はそう思っていた筆者だが、ひょんなことからEDの研究に取り組み始めた。国内の“ED治療の雄”といわれていた東邦大学大森病院で一流の診療技術を学び、「これからは射精の時代だ」という言葉に誘われ、古巣の岡山大学で射精の研究にのめり込むように。その中で、勘違いも多い射精について、「真実」を知ることになる。

 近年、勃起障害(ED)の治療は、性生活の充実や妊娠を可能にするだけでなく、血管の若返り、記憶力アップ、糖尿病などで傷ついた神経の回復などに効果があることが明らかになっている。また、EDは重大病の発見にもつながる。恥ずかしいからと、放置しておいていい状態ではないのだ。男性機能への認識が、間違いだらけであることに気付かせてくれる一冊。(ブックマン社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事