「気のきいた短いメールが書ける本」中川路亜紀著

公開日: 更新日:

 あらゆる仕事がメール連絡で進められるようになった昨今。しかし、どのような文章を書けばいいかと悩む人も多い。

 たとえば、約束をする場合は「打ち合わせをお願いしたくご連絡しました。来週の午後、ご都合いかがでしょうか」が正解。諾否、日程の提示を明確にすることで、やりとりの回数も減らせる。一方、返信は「打ち合わせの日程、承知しました」と書く。「了解」と送りがちだが、これは上から目線になるので要注意だ。

 他にも依頼を断るときには「この期日ではお約束できません」、返事の保留は「1週間ほどお時間をください」、メールの書き出しでつかえる季節の言葉など400フレーズを掲載。(ダイヤモンド社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  6. 6

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る