• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「競争社会の歩き方」大竹文雄著

「競争」をテーマに経済学の思考法を解説した教養テキスト。

 日本では、競争社会という言葉が否定的な意味でとらえられている。しかし、著者は競争の促進は、それぞれの長所を見いだし、それを生かす方向へと人々を導き、結果として独占を阻止する契機になるという。競争に対してネガティブなイメージを持つことで私たち自身も大きな代償を払っているとも。競争のメリットを享受するのは、競争している本人ではなく、競争の結果、より良いサービスや商品を手にできる消費者だからだ。

 チケットの転売や政府が進める女性活躍推進、社会保障給付など、身近な問題を例に取り上げながら、適切に競争を促進、継続させる社会を実現するための方途を説く。

(中央公論新社 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  9. 9

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る