「考え方」稲盛和夫著

公開日:  更新日:

「もう、駄目だという時が仕事の始まり」と、著者は社内で言ってきた。京セラを創業したばかりのころ、新規客の開拓のために飛び込み営業を続けていた。ある大手電機メーカーをいきなり訪問し、真空管製造部門の技術者に会いたいと頼んだが、守衛に門前払いされた。何度目かでようやく会えたのだが、「うちは財閥系企業だから、セラミック製品は系列企業から買う。京セラのような系列でもなく実績もない無名の会社からは買わない」とけんもほろろに断られた。だが、諦めずに挑戦し続けた結果、京セラはその企業から受注することに成功したのだ。

 人生を切り開く考え方を教えてくれる稲盛哲学が詰まった一冊。

(大和書房 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る