「考え方」稲盛和夫著

公開日:  更新日:

「もう、駄目だという時が仕事の始まり」と、著者は社内で言ってきた。京セラを創業したばかりのころ、新規客の開拓のために飛び込み営業を続けていた。ある大手電機メーカーをいきなり訪問し、真空管製造部門の技術者に会いたいと頼んだが、守衛に門前払いされた。何度目かでようやく会えたのだが、「うちは財閥系企業だから、セラミック製品は系列企業から買う。京セラのような系列でもなく実績もない無名の会社からは買わない」とけんもほろろに断られた。だが、諦めずに挑戦し続けた結果、京セラはその企業から受注することに成功したのだ。

 人生を切り開く考え方を教えてくれる稲盛哲学が詰まった一冊。

(大和書房 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る