• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「考え方」稲盛和夫著

「もう、駄目だという時が仕事の始まり」と、著者は社内で言ってきた。京セラを創業したばかりのころ、新規客の開拓のために飛び込み営業を続けていた。ある大手電機メーカーをいきなり訪問し、真空管製造部門の技術者に会いたいと頼んだが、守衛に門前払いされた。何度目かでようやく会えたのだが、「うちは財閥系企業だから、セラミック製品は系列企業から買う。京セラのような系列でもなく実績もない無名の会社からは買わない」とけんもほろろに断られた。だが、諦めずに挑戦し続けた結果、京セラはその企業から受注することに成功したのだ。

 人生を切り開く考え方を教えてくれる稲盛哲学が詰まった一冊。

(大和書房 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る