「清張鉄道1万3500キロ」赤塚隆二著

公開日:  更新日:

 JR全線1万9981.8キロ(2013年)に乗った“乗り鉄者”を自称する元朝日新聞記者が、「西郷札」「青春の彷徨」から「砂の器」「犯罪の回送」まで、松本清張の延べ134作品を取り上げ、作中の誰が最初にどの路線に乗ったのかを徹底研究。

「西郷札」が雑誌に掲載されたのは1951年。舞台は新橋―横浜間で鉄道が開業した年の7年後の1879年で、主人公の雄吾は、紙問屋の粂太郎と東京から宮崎に向かう際に、横浜の郵便汽船に乗るために今の時刻表で言えば、東海道線新橋―横浜26.9キロと根岸線横浜―桜木町2キロの計28・9キロを乗った。これが清張世界の鉄道の第一歩。著者は、その時の車窓に広がった風景と、乗り合わせた乗客がどんな人たちだったかに想像を膨らます。

 松本清張作品に登場する初乗り路線図など、詳細な資料編付き。

(文藝春秋 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る