「清張鉄道1万3500キロ」赤塚隆二著

公開日:  更新日:

 JR全線1万9981.8キロ(2013年)に乗った“乗り鉄者”を自称する元朝日新聞記者が、「西郷札」「青春の彷徨」から「砂の器」「犯罪の回送」まで、松本清張の延べ134作品を取り上げ、作中の誰が最初にどの路線に乗ったのかを徹底研究。

「西郷札」が雑誌に掲載されたのは1951年。舞台は新橋―横浜間で鉄道が開業した年の7年後の1879年で、主人公の雄吾は、紙問屋の粂太郎と東京から宮崎に向かう際に、横浜の郵便汽船に乗るために今の時刻表で言えば、東海道線新橋―横浜26.9キロと根岸線横浜―桜木町2キロの計28・9キロを乗った。これが清張世界の鉄道の第一歩。著者は、その時の車窓に広がった風景と、乗り合わせた乗客がどんな人たちだったかに想像を膨らます。

 松本清張作品に登場する初乗り路線図など、詳細な資料編付き。

(文藝春秋 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  10. 10

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

もっと見る