「清張鉄道1万3500キロ」赤塚隆二著

公開日: 更新日:

 JR全線1万9981.8キロ(2013年)に乗った“乗り鉄者”を自称する元朝日新聞記者が、「西郷札」「青春の彷徨」から「砂の器」「犯罪の回送」まで、松本清張の延べ134作品を取り上げ、作中の誰が最初にどの路線に乗ったのかを徹底研究。

「西郷札」が雑誌に掲載されたのは1951年。舞台は新橋―横浜間で鉄道が開業した年の7年後の1879年で、主人公の雄吾は、紙問屋の粂太郎と東京から宮崎に向かう際に、横浜の郵便汽船に乗るために今の時刻表で言えば、東海道線新橋―横浜26.9キロと根岸線横浜―桜木町2キロの計28・9キロを乗った。これが清張世界の鉄道の第一歩。著者は、その時の車窓に広がった風景と、乗り合わせた乗客がどんな人たちだったかに想像を膨らます。

 松本清張作品に登場する初乗り路線図など、詳細な資料編付き。

(文藝春秋 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  3. 3

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る