「二ノ橋 柳亭」神吉拓郎著

公開日: 更新日:

 ある雑誌に食味評論家の三田が、麻布十番の外れ、二ノ橋の花街の奥にあるという料理屋「柳亭」についての随筆を寄稿。

 雑誌の出版後、ハガキや電話で店の詳しい所在を知りたいという読者からの問い合わせが来るが、編集長の小林は筆者の意向を理由に明かさない。若手編集者の村上は、誌面で紹介だけして、場所を教えないという三田の態度に憤り、小林に抗議する。すると、小林から意外な答えが返ってきた。

 実は「柳亭」などという店は初めから存在しないというのだ。数日後、村上は小林から当の三田を紹介される。三田は、戦後の混乱期、ある学者が京都の「陶然亭」についてつづった随筆のことを語りだす。(表題作)

 94年に亡くなった直木賞作家の作品集。

(光文社 680円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  7. 7

    “私立小御三家”から転落しかねない…学習院初等科の危機

  8. 8

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  9. 9

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  10. 10

    「やじうまワイド」でMC 58歳の玉利かおるさんは今何を?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る