「食と健康の一億年史」スティーブン・レ著、大沢章子訳

公開日:  更新日:

 現代の健康問題は、祖先が守ってきた食を含めたライフスタイルを変えたことや環境の変化に原因があるのではないか――。そう考えた自然人類学者が、世界中を旅しながら人類の祖先がどのように食べ、どのように生き抜いてきたのか、人類の食と健康との関係を探索しているのが本書だ。

 食の歴史をたどれば、地域や時代によって常識は大きく変わる。遠い祖先が日常的に食べていた昆虫や暑さの厳しい地方で食される香辛料、健康にいいと信じがちな果物や野菜の真実、さらには近年始まった水産養殖魚から遺伝子組み換え食物に至るまで、さまざまな研究結果を提示。それらの食べ物がもたらす健康への影響を考察していく。

 短期的には立派な体格などの利益が得られても長期的には疾病リスクを高める可能性の高い乳製品や、高齢者にメリットの大きい肉食など、具体的な事例も興味深い。巻末には、普遍的な生き方や食べ方のルールとして、伝統食や歩くことの効能も示している。

(亜紀書房 2400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  6. 6

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  7. 7

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  8. 8

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  9. 9

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  10. 10

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

もっと見る