• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「スティール・キス」ジェフリー・ディーヴァー著、池田真紀子訳

 ライムのパートナー、ニューヨーク市警刑事のアメリア・サックスは、〈未詳40号〉と名づけた殺人犯を確保するべくショッピングセンターへ急行する。特徴的な体の40号はすぐに見つかり、いざ確保というとき、エスカレーターの乗降板が突然開き乗っていた男が穴に落ちてしまう。アメリアは救出に向かうが、甲斐なく男は息を引き取り、40号も見失う。本来なら、ライムに遺留品から40号の手がかりをカクんでもらうところだが、ある事件をきっかけにライムは市警のコンサルタントからの引退を宣言していた。くしくもライムは、エスカレーター事故の踏査依頼を引き受け、事故と40号につながりがあることが判明。事件は意外な方向へ展開し、アメリアとライムは、協力して犯人を追い詰めていく――。

 ディーヴァーお得意の畳み掛けるようなどんでん返しは今回も健在。新メンバーも登場、さらに物語の厚みを増している。

 お馴染み、四肢麻痺の天才科学捜査官〈リンカーン・ライム〉シリーズ第12弾の最新作。

(文藝春秋 2500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  7. 7

    DeNA伊藤光を直撃 トレード1週間で即スタメンマスクの心境

  8. 8

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  9. 9

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

  10. 10

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

もっと見る