「スティール・キス」ジェフリー・ディーヴァー著、池田真紀子訳

公開日: 更新日:

 ライムのパートナー、ニューヨーク市警刑事のアメリア・サックスは、〈未詳40号〉と名づけた殺人犯を確保するべくショッピングセンターへ急行する。特徴的な体の40号はすぐに見つかり、いざ確保というとき、エスカレーターの乗降板が突然開き乗っていた男が穴に落ちてしまう。アメリアは救出に向かうが、甲斐なく男は息を引き取り、40号も見失う。本来なら、ライムに遺留品から40号の手がかりをカクんでもらうところだが、ある事件をきっかけにライムは市警のコンサルタントからの引退を宣言していた。くしくもライムは、エスカレーター事故の踏査依頼を引き受け、事故と40号につながりがあることが判明。事件は意外な方向へ展開し、アメリアとライムは、協力して犯人を追い詰めていく――。

 ディーヴァーお得意の畳み掛けるようなどんでん返しは今回も健在。新メンバーも登場、さらに物語の厚みを増している。

 お馴染み、四肢麻痺の天才科学捜査官〈リンカーン・ライム〉シリーズ第12弾の最新作。

(文藝春秋 2500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  4. 4

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  5. 5

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  8. 8

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

  9. 9

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  10. 10

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

もっと見る