• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「虎の牙」武川佑著

 山の民イシは山神と思われる巨大なアオシシを殺した。アオシシは生き返って「たてなしの首を獲りて来よ」と命じて姿を消した。山の禁忌を犯したことで山を追われたイシは原清胤という武士をヘテコ石まで案内する途中、川を渡ろうとする若い武士が火筒で狙われている場面に遭遇する。清胤が助けた若い武士は甲斐の守護、武田信虎(信玄の父)だった。イシの素性を尋ねた信虎は、イシが幼いころさらわれた自分の父親の違う兄だと言い、3人は義兄弟の契りを結ぶ。清胤はかつて命を救った敵将から「我らに降りかかる坂東武者の業を断て」と命じられていた。

 それぞれに〈呪〉を負う2人が武田信虎に仕えて戦国時代を生きる姿を描く。

(講談社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る