• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「猿島六人殺し 多田文治郎推理帖」鳴神響一著

 宝暦7(1757)年水無月、江の島・鎌倉を旅中の浪人・文治郎は、米ケ浜で旧知の浦賀奉行所与力の甚五左衛門と鉢合わせる。甚五左衛門は、沖合の猿島で人殺しが起き、今から検分に向かうところだった。諸学に通じる文治郎は、甚五左衛門に頼まれ、同行することに。島は無人だが、廻船問屋外川屋の寮(別荘)があり、そこで6人の遺体が見つかったという。寮の門には女の生首が置かれ、広い敷地内の各所に6人の遺体が散らばっていた。被害者の一人で碁の家元・門入が書き残していた手記によると、彼らは外川屋から不老不死の仙薬を提供すると招待された客だった。

 後に洒落本の戯作者として名をはせる文治郎が密室殺人の謎に挑む時代本格推理小説。

 (幻冬舎 690円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  5. 5

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

もっと見る