「猿島六人殺し 多田文治郎推理帖」鳴神響一著

公開日: 更新日:

 宝暦7(1757)年水無月、江の島・鎌倉を旅中の浪人・文治郎は、米ケ浜で旧知の浦賀奉行所与力の甚五左衛門と鉢合わせる。甚五左衛門は、沖合の猿島で人殺しが起き、今から検分に向かうところだった。諸学に通じる文治郎は、甚五左衛門に頼まれ、同行することに。島は無人だが、廻船問屋外川屋の寮(別荘)があり、そこで6人の遺体が見つかったという。寮の門には女の生首が置かれ、広い敷地内の各所に6人の遺体が散らばっていた。被害者の一人で碁の家元・門入が書き残していた手記によると、彼らは外川屋から不老不死の仙薬を提供すると招待された客だった。

 後に洒落本の戯作者として名をはせる文治郎が密室殺人の謎に挑む時代本格推理小説。

 (幻冬舎 690円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  8. 7

    木下優樹菜が活動再開から1週間足らず…芸能界引退の真相

  9. 8

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  10. 9

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  11. 10

    巨人サンチェス3回降板にブ然 原監督“怒り投手交代”の波紋

もっと見る