「猿島六人殺し 多田文治郎推理帖」鳴神響一著

公開日:  更新日:

 宝暦7(1757)年水無月、江の島・鎌倉を旅中の浪人・文治郎は、米ケ浜で旧知の浦賀奉行所与力の甚五左衛門と鉢合わせる。甚五左衛門は、沖合の猿島で人殺しが起き、今から検分に向かうところだった。諸学に通じる文治郎は、甚五左衛門に頼まれ、同行することに。島は無人だが、廻船問屋外川屋の寮(別荘)があり、そこで6人の遺体が見つかったという。寮の門には女の生首が置かれ、広い敷地内の各所に6人の遺体が散らばっていた。被害者の一人で碁の家元・門入が書き残していた手記によると、彼らは外川屋から不老不死の仙薬を提供すると招待された客だった。

 後に洒落本の戯作者として名をはせる文治郎が密室殺人の謎に挑む時代本格推理小説。

 (幻冬舎 690円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  9. 9

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  10. 10

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

もっと見る