「陸軍中野学校」山本武利著

公開日: 更新日:

 1940年に誕生した、日本初のインテリジェンス教育を行う陸軍中野学校。終戦29年後にルバング島から帰還した小野田寛郎は二股分教場の1期生だった。一般の兵士と違って彼らは、捕虜になってもかまわないから生き延びてゲリラ戦を戦えと教えられた。自分自身の国体観を持たせるために、天皇制についても自由に論議させたという。だが、神戸事件のようなきな臭い出来事もあった。陸軍中野学校で指導を行っていた伊藤佐又少佐が、教え子を率いて英国領事館襲撃を企てたのだ。未遂に終わったが、その背後には大物軍人の影が……。

 新発見の資料などを基に、いまだに全貌が知られていない陸軍中野学校の実像に迫る研究書。 (筑摩書房 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  3. 3

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  7. 7

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

  10. 10

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

もっと見る