「陸軍中野学校」山本武利著

公開日: 更新日:

 1940年に誕生した、日本初のインテリジェンス教育を行う陸軍中野学校。終戦29年後にルバング島から帰還した小野田寛郎は二股分教場の1期生だった。一般の兵士と違って彼らは、捕虜になってもかまわないから生き延びてゲリラ戦を戦えと教えられた。自分自身の国体観を持たせるために、天皇制についても自由に論議させたという。だが、神戸事件のようなきな臭い出来事もあった。陸軍中野学校で指導を行っていた伊藤佐又少佐が、教え子を率いて英国領事館襲撃を企てたのだ。未遂に終わったが、その背後には大物軍人の影が……。

 新発見の資料などを基に、いまだに全貌が知られていない陸軍中野学校の実像に迫る研究書。 (筑摩書房 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  5. 5

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  8. 7

    コロナは強かった!女性16人全員がノーマスクで感染

  9. 8

    巨人快進撃で宙に浮く“ポスト原”阿部禅譲の既定路線が混沌

  10. 9

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  11. 10

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

もっと見る