「ご用命とあらば、ゆりかごからお墓まで」真梨幸子著

公開日: 更新日:

「熱海乙女歌劇団」団員の「海野もくず」は、ぱっとしない役ばかりやっている。せめてアクセサリーだけでも派手にしようと、ファンクラブが総出で舞台用のネックレスを手作りするありさま。ところがファン投票で最下位になり、退団勧告は免れたものの2年連続最下位になるとアウトだ。団員の基本給が低いので、衣装代などの経費はファンクラブもちだが、会員は7人しかいない。それなのに、幽霊が出るからマンションを引っ越したいという。ファンクラブの瀧島さんは「おばさま」のタニマチが必要だと、万両百貨店外商部の大塚さんに相談した。大塚さんが目を付けたのは……。(「タニマチ」)

 外商部員が八面六臂の活躍をするミステリー短編集。

(幻冬舎 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  6. 6

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  7. 7

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  8. 8

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る

人気キーワード