「ご用命とあらば、ゆりかごからお墓まで」真梨幸子著

公開日: 更新日:

「熱海乙女歌劇団」団員の「海野もくず」は、ぱっとしない役ばかりやっている。せめてアクセサリーだけでも派手にしようと、ファンクラブが総出で舞台用のネックレスを手作りするありさま。ところがファン投票で最下位になり、退団勧告は免れたものの2年連続最下位になるとアウトだ。団員の基本給が低いので、衣装代などの経費はファンクラブもちだが、会員は7人しかいない。それなのに、幽霊が出るからマンションを引っ越したいという。ファンクラブの瀧島さんは「おばさま」のタニマチが必要だと、万両百貨店外商部の大塚さんに相談した。大塚さんが目を付けたのは……。(「タニマチ」)

 外商部員が八面六臂の活躍をするミステリー短編集。

(幻冬舎 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  3. 3

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  6. 6

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  7. 7

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

  8. 8

    「感染列島」が予見したコウモリの毒性と人工呼吸器不足

  9. 9

    ドケチ安倍政権 13万病床削減を撤回せず医療崩壊の危険性

  10. 10

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

もっと見る