「オーパーツ 死を招く至宝」蒼井碧著

公開日: 更新日:

 貧乏学生の鳳水月は、自分と顔も骨格もそっくりの古城深夜に出会った。深夜は水月と同じ法学部の学生で、オーパーツ、つまり「当時の技術では制作できないはずのうさんくさい古代の工芸品」の鑑定士だという。大型連休の前、深夜が鑑定を依頼された財前龍之介の屋敷に水月も同行することになった。その夜、ワインを飲んで酔いつぶれた水月は、翌朝、深夜に叩き起こされる。鍵がかかった部屋の中で、自分が収集した13の水晶髑髏に囲まれた財前の死体が発見された。髑髏はそれぞれ、鍵束、腕時計、指輪などをくわえている。(「十三髑髏の謎」)

「分身コンビ」が謎を解く短編ミステリー4編。「このミステリーがすごい!大賞」大賞受賞作。

(宝島社 1380円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  7. 7

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る

人気キーワード