「オーパーツ 死を招く至宝」蒼井碧著

公開日:  更新日:

 貧乏学生の鳳水月は、自分と顔も骨格もそっくりの古城深夜に出会った。深夜は水月と同じ法学部の学生で、オーパーツ、つまり「当時の技術では制作できないはずのうさんくさい古代の工芸品」の鑑定士だという。大型連休の前、深夜が鑑定を依頼された財前龍之介の屋敷に水月も同行することになった。その夜、ワインを飲んで酔いつぶれた水月は、翌朝、深夜に叩き起こされる。鍵がかかった部屋の中で、自分が収集した13の水晶髑髏に囲まれた財前の死体が発見された。髑髏はそれぞれ、鍵束、腕時計、指輪などをくわえている。(「十三髑髏の謎」)

「分身コンビ」が謎を解く短編ミステリー4編。「このミステリーがすごい!大賞」大賞受賞作。

(宝島社 1380円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  2. 2

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  9. 9

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  10. 10

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

もっと見る