「オーパーツ 死を招く至宝」蒼井碧著

公開日: 更新日:

 貧乏学生の鳳水月は、自分と顔も骨格もそっくりの古城深夜に出会った。深夜は水月と同じ法学部の学生で、オーパーツ、つまり「当時の技術では制作できないはずのうさんくさい古代の工芸品」の鑑定士だという。大型連休の前、深夜が鑑定を依頼された財前龍之介の屋敷に水月も同行することになった。その夜、ワインを飲んで酔いつぶれた水月は、翌朝、深夜に叩き起こされる。鍵がかかった部屋の中で、自分が収集した13の水晶髑髏に囲まれた財前の死体が発見された。髑髏はそれぞれ、鍵束、腕時計、指輪などをくわえている。(「十三髑髏の謎」)

「分身コンビ」が謎を解く短編ミステリー4編。「このミステリーがすごい!大賞」大賞受賞作。

(宝島社 1380円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    志村けんさん「笑いの美学」鉄道員で共演の高倉健も惚れた

  4. 4

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  5. 5

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  6. 6

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  7. 7

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  8. 8

    月25万円の年金生活 2万円で大好きな遺跡や寺社仏閣巡り

  9. 9

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る