「dele ディーリー」本多孝好氏

公開日: 更新日:

 今や自分の分身ともいうべきスマホやパソコン。そこには個人のプライバシーが詰まっているが、自分が死んだ後、家族や他人の目にさらされるとしたらどうするだろうか?

 本書は、そんな死後の記録<データ>をめぐる連作ミステリー。タイトルのdeleとは、校正用語で削除を意味する。

「私はパソコンで小説を書いているのですが、作品に使わなかったフレーズもそのまま残しているんですね。小説はある程度覚悟をして世に出すのでいいんですけど、それ以前の言葉は生身に近いものだから、誰にも見られたくないんです。とはいえ、自分が死んだらきっと家族は見るだろう、と(笑い)。そのとき、見せない方法はないだろうかと思ったのが執筆のキッカケです」

 坂上圭司が所長を務める「dele.life」は、死後、誰にも見られたくないデータを依頼人に代わってデジタルデバイスから削除する業務を請け負っている。依頼人が設定した時間を超えてパソコンやスマホが操作されなければ、圭司のノートパソコンに信号が届く。3カ月前に雇われた真柴祐太郎の仕事は、車いすの圭司に代わって依頼者の死亡確認をすることだった。しかし、データ削除に至る過程で、2人は図らずも依頼人の人生や秘密に触れていくことになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  2. 2

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  8. 8

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る