「dele ディーリー」本多孝好氏

公開日:  更新日:

 今や自分の分身ともいうべきスマホやパソコン。そこには個人のプライバシーが詰まっているが、自分が死んだ後、家族や他人の目にさらされるとしたらどうするだろうか?

 本書は、そんな死後の記録<データ>をめぐる連作ミステリー。タイトルのdeleとは、校正用語で削除を意味する。

「私はパソコンで小説を書いているのですが、作品に使わなかったフレーズもそのまま残しているんですね。小説はある程度覚悟をして世に出すのでいいんですけど、それ以前の言葉は生身に近いものだから、誰にも見られたくないんです。とはいえ、自分が死んだらきっと家族は見るだろう、と(笑い)。そのとき、見せない方法はないだろうかと思ったのが執筆のキッカケです」

 坂上圭司が所長を務める「dele.life」は、死後、誰にも見られたくないデータを依頼人に代わってデジタルデバイスから削除する業務を請け負っている。依頼人が設定した時間を超えてパソコンやスマホが操作されなければ、圭司のノートパソコンに信号が届く。3カ月前に雇われた真柴祐太郎の仕事は、車いすの圭司に代わって依頼者の死亡確認をすることだった。しかし、データ削除に至る過程で、2人は図らずも依頼人の人生や秘密に触れていくことになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る