「人体の限界」山﨑昌廣著

公開日:  更新日:

 人間にはさまざまな限界がある。「能力の限界」「我慢の限界」「許容の限界」……。

 そんななか、「人体の限界」とは何か? を調べたのがこの本。「見る力」「投げる能力」「俊敏性」など興味深い項目が続くが、例えば、「速く走る限界」では理論上100メートルを9秒35で走ることができるという。スタートダッシュ、中盤加速、後半の追い込みが得意な人のそれぞれの最高タイムをつなぎ合わせると、この数字になるという。

 2017年12月時点の100メートル、200メートルの世界記録保持者はジャマイカのウサイン・ボルトで、それぞれ9秒58と19秒19。すでに人間の限界まで0・23秒にまで迫っているという。「寿命の限界」は125歳で、平均寿命の最大値は115歳なのだそうだ。

(SBクリエイティブ 1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る