• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「人体の限界」山﨑昌廣著

 人間にはさまざまな限界がある。「能力の限界」「我慢の限界」「許容の限界」……。

 そんななか、「人体の限界」とは何か? を調べたのがこの本。「見る力」「投げる能力」「俊敏性」など興味深い項目が続くが、例えば、「速く走る限界」では理論上100メートルを9秒35で走ることができるという。スタートダッシュ、中盤加速、後半の追い込みが得意な人のそれぞれの最高タイムをつなぎ合わせると、この数字になるという。

 2017年12月時点の100メートル、200メートルの世界記録保持者はジャマイカのウサイン・ボルトで、それぞれ9秒58と19秒19。すでに人間の限界まで0・23秒にまで迫っているという。「寿命の限界」は125歳で、平均寿命の最大値は115歳なのだそうだ。

(SBクリエイティブ 1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  2. 2

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  6. 6

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  7. 7

    日朝首脳会談 「後退」観測の裏にプーチン大統領の横ヤリ

  8. 8

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

もっと見る