「人体の限界」山﨑昌廣著

公開日: 更新日:

 人間にはさまざまな限界がある。「能力の限界」「我慢の限界」「許容の限界」……。

 そんななか、「人体の限界」とは何か? を調べたのがこの本。「見る力」「投げる能力」「俊敏性」など興味深い項目が続くが、例えば、「速く走る限界」では理論上100メートルを9秒35で走ることができるという。スタートダッシュ、中盤加速、後半の追い込みが得意な人のそれぞれの最高タイムをつなぎ合わせると、この数字になるという。

 2017年12月時点の100メートル、200メートルの世界記録保持者はジャマイカのウサイン・ボルトで、それぞれ9秒58と19秒19。すでに人間の限界まで0・23秒にまで迫っているという。「寿命の限界」は125歳で、平均寿命の最大値は115歳なのだそうだ。

(SBクリエイティブ 1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  5. 5

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  6. 6

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  7. 7

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  8. 8

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  9. 9

    朝ドラで存在感 元乃木坂46深川麻衣は女優で大成できるか

  10. 10

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

もっと見る