「人体の限界」山﨑昌廣著

公開日: 更新日:

 人間にはさまざまな限界がある。「能力の限界」「我慢の限界」「許容の限界」……。

 そんななか、「人体の限界」とは何か? を調べたのがこの本。「見る力」「投げる能力」「俊敏性」など興味深い項目が続くが、例えば、「速く走る限界」では理論上100メートルを9秒35で走ることができるという。スタートダッシュ、中盤加速、後半の追い込みが得意な人のそれぞれの最高タイムをつなぎ合わせると、この数字になるという。

 2017年12月時点の100メートル、200メートルの世界記録保持者はジャマイカのウサイン・ボルトで、それぞれ9秒58と19秒19。すでに人間の限界まで0・23秒にまで迫っているという。「寿命の限界」は125歳で、平均寿命の最大値は115歳なのだそうだ。

(SBクリエイティブ 1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  6. 6

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  7. 7

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  8. 8

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

  9. 9

    「感染列島」が予見したコウモリの毒性と人工呼吸器不足

  10. 10

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

もっと見る