「からだの異常はなぜ左に現れるのか」花山水清著

公開日: 更新日:

「モルフォセラピー」という体の歪みを正す施術を開発した著者だが、もとは美術家。人体のデッサンを通じて「アシンメトリー理論」という人体の左右差を発見し、解剖学や生化学を学びながらその原因と解消法を追求してきたという。

 たばこのニコチンやジャガイモの芽に含まれるアルカロイドが体内に入ることで、筋肉や細胞の形態異常が起こり、これが体の歪みにつながると本書。頭痛や腰痛などのほか、消化器障害やがんなどの原因にもなるとしている。

 自分でできるモルフォセラピーの一例も紹介。腰に両手をまわし、親指で背骨をなぞりながら骨のズレを見つけ、左親指は右へ、右親指は左へ向かって滑らせる。

 原因不明の不調があるなら、試してみる価値はありだ。

(廣済堂出版 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  3. 3

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  4. 4

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  5. 5

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  6. 6

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

  7. 7

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  8. 8

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  9. 9

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  10. 10

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

もっと見る