「食べる量が少ないのに太るのはなぜか」香川靖雄著

公開日: 更新日:

 ドカ食いはしていないのに太ってしまう。そんな人は「食べる量」ではなく、「食べる時間」に問題があると人体栄養学の専門家である著者は言う。

 まず、ダイエットのつもりで朝食を抜いている人は、心臓や肝臓などの細胞にある末梢時計遺伝子の働きが悪くなり、日中の代謝が低下して逆に太りやすくなる。また、睡眠に備えて副交感神経が優位になり、エネルギー消費が抑えられる夜8時以降に食事を取る人は、それ以前に夕食を済ませている人と同じ量を食べても太るという。

 夕食が8時以降になる場合は、6時ごろにおにぎり1個でも食べておく“分食”をするとよい。8時以降の食事で血糖値が急上昇するのを防ぐので分食しないときよりも太りにくくなる。

(幻冬舎 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  3. 3

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  4. 4

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  5. 5

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  6. 6

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  7. 7

    静岡で初確認の変異種は経路不明…首都圏・関西に蔓延危機

  8. 8

    マシソンは「球威と角度」以外は欠点だらけの投手だった

  9. 9

    立川談志が「柳朝んとこに入った弟子はどいつだ?」と…

  10. 10

    ウイルスでも細菌でもない がんリスクの最大の要素は食事

もっと見る

人気キーワード