「業界だけが知っている『家・土地』バブル崩壊」牧野知弘著

公開日:  更新日:

 ここ数年、活況を呈している不動産マーケットの現状と未来を分析・展望したリポート。

 日本の不動産は、2013年を境に下げ止まり、上昇に転じた。景気回復がそれほど感じられないのに不動産が上昇しているのはなぜか。前回のバブルと、現在の不動産状況を比較しながら、なぜ上昇しているのかを解説。

 年金積立金管理運用独立行政法人の巨額資金の流入や、インバウンドに牽引されるリゾート需要など、今後も投資の活性化が見込める一方、不動産の二極化という、格差社会が不動産の世界にも到来していると指摘。さらに2020年以降に直面する現実問題も視野に、今の状況がバブルとすると、バブルがどのような軌跡ではじけるのかを考察する投資家必読本。

(祥伝社 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る