「業界だけが知っている『家・土地』バブル崩壊」牧野知弘著

公開日: 更新日:

 ここ数年、活況を呈している不動産マーケットの現状と未来を分析・展望したリポート。

 日本の不動産は、2013年を境に下げ止まり、上昇に転じた。景気回復がそれほど感じられないのに不動産が上昇しているのはなぜか。前回のバブルと、現在の不動産状況を比較しながら、なぜ上昇しているのかを解説。

 年金積立金管理運用独立行政法人の巨額資金の流入や、インバウンドに牽引されるリゾート需要など、今後も投資の活性化が見込める一方、不動産の二極化という、格差社会が不動産の世界にも到来していると指摘。さらに2020年以降に直面する現実問題も視野に、今の状況がバブルとすると、バブルがどのような軌跡ではじけるのかを考察する投資家必読本。

(祥伝社 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  2. 2

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  3. 3

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  6. 6

    丸の活躍で味をしめ…原巨人の次なる標的は中日159km左腕

  7. 7

    三流国家のワル経営者に蝕まれる日本企業に世界が冷笑

  8. 8

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  9. 9

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る