「源氏物語を反体制文学として読んでみる」三田誠広著

公開日: 更新日:

 今も読み継がれる平安時代の名作を新たな視点で解説する新源氏物語論。天皇の皇子で、臣籍降下して「源」という氏姓になった物語の主人公は、ラブロマンスのヒーローとして活躍する一方で、政治の中枢で大権力者として君臨する。

 しかし、作者の紫式部が物語を書いたのは、摂関政治の全盛期。天皇に代わって政務を代行する摂政、関白を世襲する藤原一族が国を支配していた時代だ。著者は、藤原摂関家の全盛時代に、元皇族が大権力者となる源氏物語は、まさに「反体制文学」と言ってもよいと指摘。当時、物語は筆写によって多くの人に広まった。なぜ紫式部はこの物語を書いたのか、絶大な権力を誇った藤原道長との関係を読み解きながら、その成立プロセスを考察する。

(集英社 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  9. 9

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

  10. 10

    打ち切り説「バイキング」に拡大報道…フジは坂上忍と心中

もっと見る