「源氏物語を反体制文学として読んでみる」三田誠広著

公開日:

 今も読み継がれる平安時代の名作を新たな視点で解説する新源氏物語論。天皇の皇子で、臣籍降下して「源」という氏姓になった物語の主人公は、ラブロマンスのヒーローとして活躍する一方で、政治の中枢で大権力者として君臨する。

 しかし、作者の紫式部が物語を書いたのは、摂関政治の全盛期。天皇に代わって政務を代行する摂政、関白を世襲する藤原一族が国を支配していた時代だ。著者は、藤原摂関家の全盛時代に、元皇族が大権力者となる源氏物語は、まさに「反体制文学」と言ってもよいと指摘。当時、物語は筆写によって多くの人に広まった。なぜ紫式部はこの物語を書いたのか、絶大な権力を誇った藤原道長との関係を読み解きながら、その成立プロセスを考察する。

(集英社 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    キスシーンが不評 “独身貴族”佐々木蔵之介のイタい私生活

もっと見る