「源氏物語を反体制文学として読んでみる」三田誠広著

公開日: 更新日:

 今も読み継がれる平安時代の名作を新たな視点で解説する新源氏物語論。天皇の皇子で、臣籍降下して「源」という氏姓になった物語の主人公は、ラブロマンスのヒーローとして活躍する一方で、政治の中枢で大権力者として君臨する。

 しかし、作者の紫式部が物語を書いたのは、摂関政治の全盛期。天皇に代わって政務を代行する摂政、関白を世襲する藤原一族が国を支配していた時代だ。著者は、藤原摂関家の全盛時代に、元皇族が大権力者となる源氏物語は、まさに「反体制文学」と言ってもよいと指摘。当時、物語は筆写によって多くの人に広まった。なぜ紫式部はこの物語を書いたのか、絶大な権力を誇った藤原道長との関係を読み解きながら、その成立プロセスを考察する。

(集英社 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  6. 6

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  7. 7

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  10. 10

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

もっと見る