「聖徳太子 世間は虚仮にして」三田誠広著

公開日:  更新日:

 仏師(ほとけつくりのたくみ)を志す鞍作鳥(くらつくりのとり)は、仏教を学ぶために上宮王(かみつみやのみこ=厩戸皇子、のちの聖徳太子)の舎人となる。上宮王は、12歳にして、誰よりも経典に通じていた。ある日、鳥が上宮王に見守られながら、切り出してきた木と格闘していると、異様な殺気を放ちながら、上宮王の母・間人皇女(はしひとのひめみこ)が訪ねてくる。未来を透視する験力を持ち、大王の病が重いことを告げに来た間人皇女は、いずれ上宮王が国王になると予言する。しかし、上宮王は母が弟の穴穂部皇子(あなほべのみこ)を皇太子にしようと願っていることを見抜いていた。

 謎に満ちた太子の生涯を大胆な解釈を交えながら描く歴史長編。(河出書房新社 2100円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る