「聖徳太子 世間は虚仮にして」三田誠広著

公開日: 更新日:

 仏師(ほとけつくりのたくみ)を志す鞍作鳥(くらつくりのとり)は、仏教を学ぶために上宮王(かみつみやのみこ=厩戸皇子、のちの聖徳太子)の舎人となる。上宮王は、12歳にして、誰よりも経典に通じていた。ある日、鳥が上宮王に見守られながら、切り出してきた木と格闘していると、異様な殺気を放ちながら、上宮王の母・間人皇女(はしひとのひめみこ)が訪ねてくる。未来を透視する験力を持ち、大王の病が重いことを告げに来た間人皇女は、いずれ上宮王が国王になると予言する。しかし、上宮王は母が弟の穴穂部皇子(あなほべのみこ)を皇太子にしようと願っていることを見抜いていた。

 謎に満ちた太子の生涯を大胆な解釈を交えながら描く歴史長編。(河出書房新社 2100円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  6. 6

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

  7. 7

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  8. 8

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る