• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「源氏姉妹」酒井順子氏

〈いつもであれば、唇が私の顔を確かめるかのように動いているうちに眠ってしまうのですが、このときは唇が唇を覆ったままで、私の口の中に、ぬめぬめと動く舌が入ってきたのです。そうかと思うと、源氏さまの手が単衣の中に差し込まれて……〉

 こう回想するのは、光源氏にもっとも愛された女性のひとりであり、幼い頃にその美貌を見込まれ、かどわかされた紫上だ。

 本書は、卓抜した妄想力とプロファイル力で、誰もが知る古典作品「源氏物語」を新たな切り口で描いた物語。光源氏という日本文学史上最高のモテ男と交わり、図らずも“姉妹”となった総勢17人の女性たちが、赤裸々な“しちゃった体験”を独白する形で、光源氏という男の真の姿を浮かび上がらせていく。

「古典作品とエロという、私の好きな2つのテーマを合体させたことで本作は誕生しました(笑い)。源氏物語を今風に言えば、性依存症の一人の貴公子が、さまざまな女性と関係を結びまくるお話。源氏物語は漫画化や映画化により女性ファンが多いようですが、高校の教科書以来、読んだこともないという男性にも、楽しんでいただければうれしいですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  2. 2

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  3. 3

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  4. 4

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  5. 5

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  6. 6

    TVから消え10年超…小橋賢児さんイベント仕掛人になるまで

  7. 7

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  8. 8

    遺族の感情逆なで 堀内議員“高プロ”強行採決で大ハシャギ

  9. 9

    日ロ会談は成果ゼロ プーチンに見切られた安倍首相の末路

  10. 10

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

もっと見る