「源氏姉妹」酒井順子氏

公開日:

〈いつもであれば、唇が私の顔を確かめるかのように動いているうちに眠ってしまうのですが、このときは唇が唇を覆ったままで、私の口の中に、ぬめぬめと動く舌が入ってきたのです。そうかと思うと、源氏さまの手が単衣の中に差し込まれて……〉

 こう回想するのは、光源氏にもっとも愛された女性のひとりであり、幼い頃にその美貌を見込まれ、かどわかされた紫上だ。

 本書は、卓抜した妄想力とプロファイル力で、誰もが知る古典作品「源氏物語」を新たな切り口で描いた物語。光源氏という日本文学史上最高のモテ男と交わり、図らずも“姉妹”となった総勢17人の女性たちが、赤裸々な“しちゃった体験”を独白する形で、光源氏という男の真の姿を浮かび上がらせていく。

「古典作品とエロという、私の好きな2つのテーマを合体させたことで本作は誕生しました(笑い)。源氏物語を今風に言えば、性依存症の一人の貴公子が、さまざまな女性と関係を結びまくるお話。源氏物語は漫画化や映画化により女性ファンが多いようですが、高校の教科書以来、読んだこともないという男性にも、楽しんでいただければうれしいですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  9. 9

    札幌で停電…金子マリの息子を背負いホテルの11階まで上る

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る