「此処にいる空海」岳真也著

公開日: 更新日:

 弘法大師として親しまれている真言密教の開祖、空海の生涯には謎が多い。空海は18歳で大学に入るが2年で中退し、次に姿を現す32歳まで何をしていたか分からない。ひろさちや氏は中国に密航していたと考える。だとすれば、空海が中国語にたけていたことがうなずける。三田誠広氏は、紀州の産地を駆け巡っているうちに水銀の運搬に関わるようになり、このとき手に入れた大金が入唐の費用になったとみる。

 空海は私度僧だったのに遣唐使に選ばれたのも謎だが、語学力を買われ、中国語の通訳として船に乗ったのでは? 

 さまざまな説を俎上に載せながら、空海の生涯の謎に迫るエッセー。

(牧野出版 2700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  5. 5

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  6. 6

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  7. 7

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

  10. 10

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

もっと見る

人気キーワード