古典を現代語訳で読む特集

公開日:  更新日:

 古典を読んではみたいが、現代人にとって原文は、同じ日本語で書かれているとはとても思えない。ゆえに、古典は時代に合わせた現代語訳を通して読み継がれてきた。訳者には、その時代を代表する言葉の「名工」作家たちが名を連ねている。そこで今回は、最近、刊行された古典の新訳本を集めてみた。

■「古事記」池澤夏樹訳

 言わずと知れた日本最初の文学作品。本作の訳者でもある作家の池澤夏樹氏が、個人編集した全30巻からなる「日本文学全集」の第1巻である。

 日本で最も名の知られた本の一冊だが、その存在を知らない人を探すのと同じくらい、原文を完読した人は稀なのではなかろうか。何しろ、原文は漢字だけで記述された「倭文」化した漢文(変体漢文)なのだから。

 冒頭に添えられた「序」によると、和銅4(711)年、元明天皇が太朝臣安万侶に、天武天皇が記憶力抜群の稗田阿礼に伝えた正しい歴史を文字にして残せと命じ、翌年に完成したのが古事記(全3巻)だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

もっと見る