古典を現代語訳で読む特集

公開日: 更新日:

 古典を読んではみたいが、現代人にとって原文は、同じ日本語で書かれているとはとても思えない。ゆえに、古典は時代に合わせた現代語訳を通して読み継がれてきた。訳者には、その時代を代表する言葉の「名工」作家たちが名を連ねている。そこで今回は、最近、刊行された古典の新訳本を集めてみた。

■「古事記」池澤夏樹訳

 言わずと知れた日本最初の文学作品。本作の訳者でもある作家の池澤夏樹氏が、個人編集した全30巻からなる「日本文学全集」の第1巻である。

 日本で最も名の知られた本の一冊だが、その存在を知らない人を探すのと同じくらい、原文を完読した人は稀なのではなかろうか。何しろ、原文は漢字だけで記述された「倭文」化した漢文(変体漢文)なのだから。

 冒頭に添えられた「序」によると、和銅4(711)年、元明天皇が太朝臣安万侶に、天武天皇が記憶力抜群の稗田阿礼に伝えた正しい歴史を文字にして残せと命じ、翌年に完成したのが古事記(全3巻)だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  2. 2

    草津町議だった新井祥子さん 性的被害告発でリコール失職、海外メディアも注目したその後は…

  3. 3

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  4. 4

    【競泳】無冠の瀬戸大也が現役続行 今後は海外でコツコツと賞金稼ぎの旅

  5. 5

    「水泳ニッポン」自国開催で大惨敗…瀬戸不振、日本水連の甘さ、平井HCの処遇に影響も

  6. 6

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  7. 7

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  8. 8

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  9. 9

    瀬戸大也と大坂なおみの敗退で生じた「アスリートに人間性は必要か?」という問い

  10. 10

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

もっと見る

人気キーワード