古典を現代語訳で読む特集

公開日:  更新日:

 古典を読んではみたいが、現代人にとって原文は、同じ日本語で書かれているとはとても思えない。ゆえに、古典は時代に合わせた現代語訳を通して読み継がれてきた。訳者には、その時代を代表する言葉の「名工」作家たちが名を連ねている。そこで今回は、最近、刊行された古典の新訳本を集めてみた。

■「古事記」池澤夏樹訳

 言わずと知れた日本最初の文学作品。本作の訳者でもある作家の池澤夏樹氏が、個人編集した全30巻からなる「日本文学全集」の第1巻である。

 日本で最も名の知られた本の一冊だが、その存在を知らない人を探すのと同じくらい、原文を完読した人は稀なのではなかろうか。何しろ、原文は漢字だけで記述された「倭文」化した漢文(変体漢文)なのだから。

 冒頭に添えられた「序」によると、和銅4(711)年、元明天皇が太朝臣安万侶に、天武天皇が記憶力抜群の稗田阿礼に伝えた正しい歴史を文字にして残せと命じ、翌年に完成したのが古事記(全3巻)だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

もっと見る