北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

公開日: 更新日:

 京の愛宕山に、滝夜叉と呼ばれる盗賊がいた。平安時代の話である。その女頭目である皐月は、朝廷に反抗した平将門の遺児といわれている。皐月の配下も、将門の遺臣やその子らだ。この滝夜叉をしのぐ反朝廷勢力が、土蜘蛛と鬼。しかし、これらの民が盗賊集団で、世を乱す反朝廷勢力と決めつけているのは朝廷側の論理であり、滝夜叉、土蜘蛛、鬼たちの言い分は異なる。彼らは平等に生きることを求めているだけなのである。しかし京人たちは彼らを蔑んでいる。こういう対立の構図が本書の基本設定だ。

 主人公は越後の豪族の子として生まれた桜暁丸。13歳で身の丈五尺六寸の大男。さらに剣も強い。越後は米どころだが、米の大半は京に送られるので、食えない庶民も多く、その矛盾が桜暁丸を苦しめる。成長するにしたがってこの男が反朝廷勢力と結びつくのは当然だった。というわけで、京人に蔑まれている民と、朝廷軍の戦いが始まっていく。

 朝廷軍を支えるのは源の四天王。四天王のひとり、渡辺綱が途中からフェードアウトするのは救いだが、坂田の金時(幼名は金太郎)は、弱者をやっつける側だったのか。他にも安倍晴明に酒呑童子など、平安のオールキャストが勢ぞろいの感もある。

 今村翔吾は、江戸の火消しの世界を描く「羽州ぼろ鳶組」シリーズですでにお馴染みだが、まさかこういう小説を書くとは思ってもいなかった。うれしい驚きである。

 (角川春樹事務所 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

  2. 2

    安倍首相も大誤算 進次郎の人気凋落「次の総理」調査9P減

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  5. 5

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  6. 6

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  7. 7

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

  8. 8

    小泉進次郎は実績ゼロの焦りから安倍首相の軍門に入り入閣

  9. 9

    人気番組で立て続けに発覚…TBS“やらせ”横行の深刻事情

  10. 10

    未婚世帯vs既婚世帯 生涯年金額「3900万円」の開きがある

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る