北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「対岸の家事」朱野帰子著

公開日: 更新日:

 日本の労働戦士たちは朝早く家を出て、深夜まで帰宅しないから、家で何が起きているのかを知らない。その間、何が起きていて、妻が何と戦っているのかがわからない。それを描いたのが本書だ。家事と育児がいかに大変であるのかが、身に染みて実感できる小説といっていい。

 本書の主人公・詩穂は、悲鳴を上げる寸前にいる。ママ友もいないし、実家とは絶縁しているので頼る相手もいない。深夜遅く帰宅する夫は話を聞いてくれないし、専業主婦は楽でいいねと言われて傷ついたりする。だから時に、ふらふらと団地の屋上にあがったりする。危ない危ない。

 この小説は、詩穂を中心にさまざまな女性たちを描いていくが(中には育休中の男もいたりする)、たとえばワーキングマザーの礼子も大変である。子供が熱を出せば仕事中であっても迎えに行かなければならないし、会社ではいつも肩身の狭い思いをしている。彼女もまたふらふらと屋上にあがったりするから、本当に危ない。

 一緒に暮らす者の理解も必要だが、社会の制度も問題だ。そのしわ寄せを彼女たちは一身に引き受けている。その過酷な現実をこれでもかこれでもかと描いていくので息苦しくなる小説だが、最後まで読むと元気が出てくるのは、必ず解決策はあるという強いひびきがあるからだ。絶妙な人物造形と秀逸な構成もいいが、なによりもその希望が心地よい。

(講談社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  3. 3

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  4. 4

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  5. 5

    シーズン中に異例の発表 G上原を引退に追い込んだ球威不足

  6. 6

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  7. 7

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  8. 8

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  9. 9

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  10. 10

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る