「美しい『あかり』を求めて」石井幹子著

公開日:  更新日:

 世界的照明デザイナーが本当に美しく心地よい「あかり」とは何かを伝えるエッセー。

 長年、海外で仕事をしてきた著者は、自宅に泊めたフランス人が障子を通した光の美しさに感嘆する姿を見て、日本文化が大切にしてきた陰影の美しさに改めて気づく。それは、光と闇という対比の中でとらえる欧米の照明とは異なる、光から闇に至る中間領域の中にある柔らかな「あかり」で、日本文化が育んだ独自の存在だという。「昼よりも夜が美しい」を証明した東京タワーや、満月のあかりが村を包み込むさまを再現した合掌造り白川郷など、これまで手掛けたプロジェクトを紹介しながら、日本人が培ってきた「ほのあかり」への思いをつづる。

(祥伝社 700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  4. 4

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  10. 10

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

もっと見る