「美しい『あかり』を求めて」石井幹子著

公開日: 更新日:

 世界的照明デザイナーが本当に美しく心地よい「あかり」とは何かを伝えるエッセー。

 長年、海外で仕事をしてきた著者は、自宅に泊めたフランス人が障子を通した光の美しさに感嘆する姿を見て、日本文化が大切にしてきた陰影の美しさに改めて気づく。それは、光と闇という対比の中でとらえる欧米の照明とは異なる、光から闇に至る中間領域の中にある柔らかな「あかり」で、日本文化が育んだ独自の存在だという。「昼よりも夜が美しい」を証明した東京タワーや、満月のあかりが村を包み込むさまを再現した合掌造り白川郷など、これまで手掛けたプロジェクトを紹介しながら、日本人が培ってきた「ほのあかり」への思いをつづる。

(祥伝社 700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  2. 2

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    チャリティーゴルフで社会貢献 人気絶頂女子プロの“本音”

もっと見る