「木村伊兵衛のパリ」木村伊兵衛著 田沼武能監修

公開日: 更新日:

 その名を冠した賞で有名な写真界の巨星・木村伊兵衛(1901~74年)がパリを撮影した大型写真集(2006年刊)のポケット版。一般人の海外旅行が許可されていなかった1954年とその翌年にパリを訪ねた折の作品を中心に収録する。

 落ち葉が埋め尽くす広場のベンチに座る恋人たちを撮影した一葉。そこだけがまるで目に見えないドームで覆われているかのように2人の時間が流れているのが、作品から伝わってくる。

 陽気でおしゃれな露店のチーズ屋の親父、レストランのテラス席に座る美しいパリジェンヌ、そして路上で寝込む放浪者など。

 60年前のパリの日常の点景に町のざわめきまで聞こえてきそうだ。

 何げなくカメラを向けたような普段着のパリを撮影した作品が並ぶが、実は周到な計算が尽くされている。パリジェンヌを写した作品の解説では、背景となる歩道を通る人の洋服の色にまで配慮してシャッターを切ったとある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  9. 9

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  10. 10

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

もっと見る

人気キーワード