「木村伊兵衛のパリ」木村伊兵衛著 田沼武能監修

公開日: 更新日:

 その名を冠した賞で有名な写真界の巨星・木村伊兵衛(1901~74年)がパリを撮影した大型写真集(2006年刊)のポケット版。一般人の海外旅行が許可されていなかった1954年とその翌年にパリを訪ねた折の作品を中心に収録する。

 落ち葉が埋め尽くす広場のベンチに座る恋人たちを撮影した一葉。そこだけがまるで目に見えないドームで覆われているかのように2人の時間が流れているのが、作品から伝わってくる。

 陽気でおしゃれな露店のチーズ屋の親父、レストランのテラス席に座る美しいパリジェンヌ、そして路上で寝込む放浪者など。

 60年前のパリの日常の点景に町のざわめきまで聞こえてきそうだ。

 何げなくカメラを向けたような普段着のパリを撮影した作品が並ぶが、実は周到な計算が尽くされている。パリジェンヌを写した作品の解説では、背景となる歩道を通る人の洋服の色にまで配慮してシャッターを切ったとある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  2. 2

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  5. 5

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  6. 6

    高畑充希&坂口健太郎“いつ恋婚”のタイミング 強行突破も

  7. 7

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  8. 8

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  9. 9

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  10. 10

    高畑充希「同期のサクラ」視聴率“右肩上がり”に3つの要素

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る