「芙蓉の干城」松井今朝子著

公開日: 更新日:

 主人公は、江戸歌舞伎の大作者、3代目桜木治助の孫であり、現在は大学講師を務める桜木治郎。狂言作者の父が総帥だった大劇場・木挽座が、幼い頃からの遊び場だったこともあり、役者や裏方たちからも慕われ信頼されていた。

 あるとき、家で預かっている妻のいとこ・大室澪子にお見合い話が持ち上がり、勝手知ったる木挽座でお見合いの席を設けることになった。

 ところが、お見合い相手の男性が見合い当日ロビーで挨拶していた男・小宮山正憲が、そのとき連れていた女と一緒に惨殺されるという事件が起こった。右翼結社の幹部だった小宮山の死を巡って警察は捜査を始めるが、今度は木挽座の大道具方だった男が何者かに刃物で刺されて死ぬという事件まで勃発。不穏な予感を覚えた治郎は、事件の真相究明に乗り出すのだが……。

 1997年に「東洲しゃらくさし」で小説家デビューした後、「吉原手引草」で第137回直木賞を受賞するなど、実力を評価されている著者の最新作。昭和8年、日中戦争開戦前夜の政情不安な日本を舞台に起こった事件の裏にうごめく、人々の思想や欲望をこまやかに描いている。

(集英社 1650円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  2. 2

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  3. 3

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  4. 4

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  5. 5

    防衛大で“異次元”と訓示 安倍政権で防衛予算10兆円の恐怖

  6. 6

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  7. 7

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  8. 8

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  9. 9

    北方領土問題の「本質」はロシアによる日本の主権侵害だ

  10. 10

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

もっと見る