「芙蓉の干城」松井今朝子著

公開日: 更新日:

 主人公は、江戸歌舞伎の大作者、3代目桜木治助の孫であり、現在は大学講師を務める桜木治郎。狂言作者の父が総帥だった大劇場・木挽座が、幼い頃からの遊び場だったこともあり、役者や裏方たちからも慕われ信頼されていた。

 あるとき、家で預かっている妻のいとこ・大室澪子にお見合い話が持ち上がり、勝手知ったる木挽座でお見合いの席を設けることになった。

 ところが、お見合い相手の男性が見合い当日ロビーで挨拶していた男・小宮山正憲が、そのとき連れていた女と一緒に惨殺されるという事件が起こった。右翼結社の幹部だった小宮山の死を巡って警察は捜査を始めるが、今度は木挽座の大道具方だった男が何者かに刃物で刺されて死ぬという事件まで勃発。不穏な予感を覚えた治郎は、事件の真相究明に乗り出すのだが……。

 1997年に「東洲しゃらくさし」で小説家デビューした後、「吉原手引草」で第137回直木賞を受賞するなど、実力を評価されている著者の最新作。昭和8年、日中戦争開戦前夜の政情不安な日本を舞台に起こった事件の裏にうごめく、人々の思想や欲望をこまやかに描いている。

(集英社 1650円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  9. 9

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  10. 10

    平野&中島「未満警察」もはやコメディー 敗因は幼い脚本

もっと見る