「キッド」相場英雄著

公開日: 更新日:

 主人公は、香港で中古フィルムカメラの専門店を営む城戸護。カメラ屋の店主はあくまで表の顔で、実はかつて自衛隊の特殊部隊にいた経験を生かしてリスク管理のコンサルタントをしていた。

 そんな城戸のもとに、ある日新しい依頼が舞い込む。上海の商社マン・王作民が福岡に立ち寄る際のボディーガードをしてほしいというのだ。危険地帯とは思えない日本への同行依頼に拍子抜けした城戸だったが、福岡空港へ到着した途端、王が複数の刑事に監視されていることに気づく。

 ところが、王を守ろうとする城戸が、事情聴取を求めて接触してきた公安と押し問答するうち、王は自ら毒を飲んで倒れてしまった。

 早急な処置で一時的に王の命はつながったものの、ほっとしたのも束の間、今度は王の秘書が王を殺して自殺するという事態が発生。城戸はふたりの殺人の濡れ衣を着せられ、警察から追われる身となってしまうのだが……。

 経済小説や時事問題を取り入れた小説が人気の著者による最新作。不可解な事件に巻き込まれた元自衛隊員が、巨大な監視網を突破して事件の真相に近づく姿がスリリングに描かれている。

 (幻冬舎 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「オミクロン系ワクチン」は急いで打つ必要なし 11月以降の接種で感染予防にもなる

    「オミクロン系ワクチン」は急いで打つ必要なし 11月以降の接種で感染予防にもなる

  2. 2
    “サメがウヨウヨ”悪ふざけ投稿が話題に…米フロリダのショッピングモールでニセ演出

    “サメがウヨウヨ”悪ふざけ投稿が話題に…米フロリダのショッピングモールでニセ演出

  3. 3
    ガーシー議員が人気女優の“パパ活疑惑”配信も…暴露行為を疑問視「国会に出ろ」とブーメラン

    ガーシー議員が人気女優の“パパ活疑惑”配信も…暴露行為を疑問視「国会に出ろ」とブーメラン

  4. 4
    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

  5. 5
    セ最下位中日は12球団ワーストの超貧打 OB名球会コーチ招聘だけでは解決しない“元凶”

    セ最下位中日は12球団ワーストの超貧打 OB名球会コーチ招聘だけでは解決しない“元凶”

  1. 6
    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

  2. 7
    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

  3. 8
    京都の観光業界に衝撃! 老舗高級ホテルで相続めぐる民事訴訟が泥沼化

    京都の観光業界に衝撃! 老舗高級ホテルで相続めぐる民事訴訟が泥沼化

  4. 9
    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

  5. 10
    不合格になった筑附高受験生は「悠仁さまの合格」をどう見ているのか?

    不合格になった筑附高受験生は「悠仁さまの合格」をどう見ているのか?