「キッド」相場英雄著

公開日: 更新日:

 主人公は、香港で中古フィルムカメラの専門店を営む城戸護。カメラ屋の店主はあくまで表の顔で、実はかつて自衛隊の特殊部隊にいた経験を生かしてリスク管理のコンサルタントをしていた。

 そんな城戸のもとに、ある日新しい依頼が舞い込む。上海の商社マン・王作民が福岡に立ち寄る際のボディーガードをしてほしいというのだ。危険地帯とは思えない日本への同行依頼に拍子抜けした城戸だったが、福岡空港へ到着した途端、王が複数の刑事に監視されていることに気づく。

 ところが、王を守ろうとする城戸が、事情聴取を求めて接触してきた公安と押し問答するうち、王は自ら毒を飲んで倒れてしまった。

 早急な処置で一時的に王の命はつながったものの、ほっとしたのも束の間、今度は王の秘書が王を殺して自殺するという事態が発生。城戸はふたりの殺人の濡れ衣を着せられ、警察から追われる身となってしまうのだが……。

 経済小説や時事問題を取り入れた小説が人気の著者による最新作。不可解な事件に巻き込まれた元自衛隊員が、巨大な監視網を突破して事件の真相に近づく姿がスリリングに描かれている。

 (幻冬舎 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  4. 4

    悪事を重ねて栄転しよう!嘘は一度つくと止まらなくなるぞ

  5. 5

    節酒に禁煙…志村けんさんが8カ月前に語っていた健康管理

  6. 6

    五輪延期とコロナ禍で泣く…ジャニーズと大御所芸人たち

  7. 7

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  8. 8

    新型コロナ差別続出 田中・ダル・大谷は米国人の標的に?

  9. 9

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  10. 10

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

もっと見る