「マーダーズ」長浦京著

公開日: 更新日:

 阿久津清春は28歳の商社マン。会社に戻る途中、路地裏から女性の悲鳴が聞こえた。駆け付けると、男がナイフで女を切りつけている。思わず止めに入ると、男の服からガソリン臭がする。そこへ相手の女が男にスタンガンを押しつけ、男は炎に包まれる――。

 いきなり緊迫感に満ちた場面から始まるが、これはほんの序の口。この女性、柚木玲美は清春をわざと事件に巻き込んだのだ。玲美は清春が殺人を犯したことを知っていて証拠も握っている。もし公表されたくなければ、19年前に死んだ母の死の真相と行方不明になった姉の居所を探ってくれという。

 玲美はかつて殺人事件を犯した兄の共犯と疑われたことのある則本敦子警部補の秘密も握っており、清春は敦子と一緒に玲美の依頼を遂行することになった。調べていくと、自殺とされた玲美の母は実は他殺であり、それと同じ手口による偽装自殺事件がいくつも発覚。時期も被害者の年齢・性別もバラバラの事件に共通するものとは?

 法では裁けない「隠れた殺人者」を巡って幾重にも張り巡らされた伏線が終盤意想外な形で結び付いていく。大藪賞受賞作家の渾身の犯罪小説。

 (講談社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  2. 2

    カンニング竹山“小山田圭吾批判”の急先鋒も…14年前の“後輩いびり”に違和感の声

  3. 3

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  4. 4

    小室圭さんが再び迫られる金銭トラブルへの対峙 眞子さまは関与囁かれ“バッシング”が

  5. 5

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  6. 6

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  7. 7

    萱和磨は「できるけどやらない」秀才高校生だった【「銀」体操男子 若き4人の素顔#3】

  8. 8

    宮崎美子&斉藤慶子に続く「奇跡のビキニ姿」は? “アラ還”美熟女争奪戦がぼっ発!

  9. 9

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  10. 10

    小山田圭吾、小林賢太郎、竹中直人…開会式辞任ドミノ「吉本興業」に衝撃走る

もっと見る

人気キーワード