「残心」鏑木蓮著

公開日: 更新日:

 国吉冬美は京都の地元情報誌のライター。漫画家になるのが夢だったが、いまは別の目標を持っていた。人生の「枯」と「衰」にスポットを当てたルポルタージュで人気を得ている作家・杉作舜一の作品にすっかり魅了され、ゆくゆくは杉作のようなジャーナリストになりたいと思っている。

 その杉作が取材で京都に来ており、三雲医院の看護師・夏恵のつてで会えることになった。杉作は老老介護をテーマにしており、みとり医として全国的に有名な医師・三雲に協力を求めていた。三雲の紹介で認知症の妻を介護する夫の元を訪れた杉作だが、そこにあったのは絞殺された妻と首を吊った夫の死体であった。

 警察は介護の疲れによる無理心中という見立てで、杉作は、約束した時間に心中を図ったのは、自分に対して夫がなんらかのメッセージを伝えたかったのだとの考えを示した。ひょんなことから杉作の取材の手伝いをするようになった冬美は、亡くなった老夫婦の話を聞いて回っているうちに、無理心中という結末に違和感を持ち始める……。

 老老介護、皆保険制度の崩壊といったアクチュアルな問題に迫った渾身の社会ミステリー。

(徳間書店 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  7. 7

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  8. 8

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  9. 9

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  10. 10

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

もっと見る