「残心」鏑木蓮著

公開日: 更新日:

 国吉冬美は京都の地元情報誌のライター。漫画家になるのが夢だったが、いまは別の目標を持っていた。人生の「枯」と「衰」にスポットを当てたルポルタージュで人気を得ている作家・杉作舜一の作品にすっかり魅了され、ゆくゆくは杉作のようなジャーナリストになりたいと思っている。

 その杉作が取材で京都に来ており、三雲医院の看護師・夏恵のつてで会えることになった。杉作は老老介護をテーマにしており、みとり医として全国的に有名な医師・三雲に協力を求めていた。三雲の紹介で認知症の妻を介護する夫の元を訪れた杉作だが、そこにあったのは絞殺された妻と首を吊った夫の死体であった。

 警察は介護の疲れによる無理心中という見立てで、杉作は、約束した時間に心中を図ったのは、自分に対して夫がなんらかのメッセージを伝えたかったのだとの考えを示した。ひょんなことから杉作の取材の手伝いをするようになった冬美は、亡くなった老夫婦の話を聞いて回っているうちに、無理心中という結末に違和感を持ち始める……。

 老老介護、皆保険制度の崩壊といったアクチュアルな問題に迫った渾身の社会ミステリー。

(徳間書店 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    新型コロナ直撃でもトヨタは黒字確保 利益はどう捻出した

もっと見る