「満洲コンフィデンシャル」新美健著

公開日: 更新日:

 昭和15年、憲兵を殴って海軍を追い出された元士官候補生・湊春雄は、満洲鉄道本社へ飛ばされ、神戸から船に乗り大連にやってきた。

 到着したばかりの春雄を待っていたのは、その足で新京の満洲映画協会に行くという任務。表向きは記者として出向し、裏の任務は満鉄理事長の甘粕正彦の弱みを探れというのだ。

 不服に思いながらも軍の機密だというフィルムを持たされて大連駅に向かった春雄は、西風と名乗る男に盗人につけられているから気を付けるようにとの忠告を受ける。軽薄そうな西風をうさんくさく感じた春雄だったが、西風の予言通りふたりの中国人にしつこくつきまとわれ、ついには拳銃をつきつけられる羽目に。執拗に追ってくる彼らから助けてくれたのは、伊達政宗の末裔という伊達宗敦と、信用できないはずの西風だった……。

 2015年「明治剣狼伝西郷暗殺指令」で第7回角川春樹小説賞の特別賞と、第5回歴史時代作家クラブ賞文庫新人賞を受賞してデビューした著者の最新作。川島芳子、李香蘭ら、満洲という舞台に現れた人々の駆け引きを春雄の目を通してスリリングに描いている。

 (徳間書店 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  3. 3

    上田晋也がコロナ感染…五輪キャスター+レギュラー7本の日テレに大激震!

  4. 4

    メダルラッシュでも広告入らず…東京五輪スポンサー大手紙の誤算

  5. 5

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  6. 6

    A.B.C-Zの河合郁人が“MC力”で頭角 ジャニーズ五輪キャスター勢の新星に

  7. 7

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  8. 8

    有村架純と大相撲・明生関に交際情報 所属事務所が“強烈かち上げ”激怒の全否定

  9. 9

    有村架純は岡本圭人との復縁説をスルー…交際報道の“もう一人の当事者”明生は沈黙

  10. 10

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

もっと見る

人気キーワード