「サバティカル」中村航著

公開日: 更新日:

 大学卒業後、エンジニアとしてひたすら働き続けた梶は33歳になって、現在の職場を辞め、新たな職に就くことにした。その移行期間でぽっかりと5カ月間の空白ができた。思いもかけぬサバティカル(長期休暇)だ。

 そこでまず「To Doリスト」を作る。「百年の孤独」を読む、「フェルマーの最終定理」を完全理解する、アコギで「Blackbird」を弾けるようになる、油絵を描く……。そんな計画を抱いて長い休暇が始まったある日、公園で老人から「ショーギできる?」と声をかけられた。

 将棋が上達することを新たにリストに加えた梶は、老人がずっと前に別れた娘に会いたがっていることを知る。娘の捜索を買って出た梶は、彼女の居場所を突き止め、思い切ってその娘、香奈と会ってみる。するとなぜか意気投合し、香奈と話しているうちに、梶は自分が、他人に恋愛感情を持てない「アセクシュアル」であることを打ち明ける……。

 降って湧いたような長い休みの中で、自らに課題を課し、自分の生き方を見つめ直す梶。「人生の夏休み」をファンタスティックに描いた、大人の成長小説。

(朝日新聞出版 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    悪事を重ねて栄転しよう!嘘は一度つくと止まらなくなるぞ

  4. 4

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  5. 5

    五輪延期とコロナ禍で泣く…ジャニーズと大御所芸人たち

  6. 6

    高齢者には難解…何かと横文字を使いたがる政治家の心理

  7. 7

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<中>

  8. 8

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  9. 9

    コロナ禍でクビ切り本格化 失業率25%超が現実味おびる

  10. 10

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

もっと見る