「おつまミステリー」浅暮三文著

公開日: 更新日:

「レーズンバター」は駄菓子や乾物でもなく、焼き鳥や唐揚げほどしっかりしていない、緩衝地帯にあるおつまみである。

 レーズンバターの起源は古く、実は葬儀と関わりが深い。フュネラルパイ=レーズンパイは葬儀の翌日に食べられるもので、近所の人などが持ち帰る、ヨーロッパ版の葬式饅頭である。これが主にカトリックの習慣であることが判明。キリスト教の象徴はパンとぶどう酒だから、レーズンバター菓子は死者を弔う縁起を担ぐものだったのでは、と著者は推測する。(「レーズンバター」)

 他にチーズ鱈やラッキョウなど、「おつまみの素顔」に迫るエッセー。飲み会の話題にぴったり。 (柏書房 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  4. 4

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  7. 7

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  8. 8

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

  9. 9

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  10. 10

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

もっと見る