「ざんねんな食べ物事典」東海林さだお著

公開日: 更新日:

 世の中には、インスタ映えには程遠いB級グルメなるものが存在する。本書は、そんなB級だからこそ日々リピートするさまざまな食べ物について大いに考え、大いに語る食エッセーだ。

 たとえば、日本人の国民食ともいえるラーメン。超高齢社会を迎えた日本で、要介護状態の老人がラーメンを食べたい場合、介護者不足の打開策として介護ロボットが老人にラーメンを食べさせる状況が考えられる。だが、ロボットがスープの小袋をどう開封するか、カップラーメンの適切な湯の量をどう認識するか等々、その際直面する問題について重箱の隅をつつくように考察を深めていく。

「気がつけばチェーン店ばかりでメシを食べている」の筆者・村瀬秀信氏との対談も収録。

(文藝春秋 1350円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  3. 3

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  4. 4

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  5. 5

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    文春砲で改名を余儀なくされた元・羽生ゆずれないさんは今

  9. 9

    加藤浩次「スッキリ」3月に自主降板か MC後任に山里亮太説

  10. 10

    主軸周辺で仕事きっちり G亀井アラフォー年俸1億円あるか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る