「ざんねんな食べ物事典」東海林さだお著

公開日: 更新日:

 世の中には、インスタ映えには程遠いB級グルメなるものが存在する。本書は、そんなB級だからこそ日々リピートするさまざまな食べ物について大いに考え、大いに語る食エッセーだ。

 たとえば、日本人の国民食ともいえるラーメン。超高齢社会を迎えた日本で、要介護状態の老人がラーメンを食べたい場合、介護者不足の打開策として介護ロボットが老人にラーメンを食べさせる状況が考えられる。だが、ロボットがスープの小袋をどう開封するか、カップラーメンの適切な湯の量をどう認識するか等々、その際直面する問題について重箱の隅をつつくように考察を深めていく。

「気がつけばチェーン店ばかりでメシを食べている」の筆者・村瀬秀信氏との対談も収録。

(文藝春秋 1350円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  2. 2

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  5. 5

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  6. 6

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  7. 7

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

もっと見る