「神を喰らうものたち」新堂冬樹著

公開日: 更新日:

 格闘家でライターの長瀬は、目の前で犯される妹を助けられずに死なせて、逃げるようにシチリアにやってきた。そこで、マフィアのガルシアを捜すモニカという女性に出会う。ガルシアは日本にいるとも死んだとも囁かれる一方、帰国の噂もあった。

 そんなモニカと長瀬を、ガルシアの宿敵カルデローネ・ファミリーの一味が狙う。絶体絶命の中、氷の瞳を持つ女暗殺者(アサシーナ)のサリヤが現れたことで難を逃れるが、今度はサリヤに狙われることに。サリヤはガルシアと、彼の怨敵で今や政財界を牛耳る実業家・マイケルを殺すために生きていた――。

悪の華」のスタートから17年目のシリーズ完結編。

 (光文社 2200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    「桜」新疑惑 昭恵夫人私的ビジネス出資者を30人以上招待

  3. 3

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  4. 4

    新型コロナ騒動を口実に泥船から逃げ出す安倍ヨイショ連中

  5. 5

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  6. 6

    世界で“コロナ”と指さされる日本人と問題だらけの政府対応

  7. 7

    拙いコロナ対応 外国人選手の東京五輪ボイコットに現実味

  8. 8

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  9. 9

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  10. 10

    娘の誕生日ケーキ代を払ってくれた謎の女性の伝言に号泣!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る