「神を喰らうものたち」新堂冬樹著

公開日: 更新日:

 格闘家でライターの長瀬は、目の前で犯される妹を助けられずに死なせて、逃げるようにシチリアにやってきた。そこで、マフィアのガルシアを捜すモニカという女性に出会う。ガルシアは日本にいるとも死んだとも囁かれる一方、帰国の噂もあった。

 そんなモニカと長瀬を、ガルシアの宿敵カルデローネ・ファミリーの一味が狙う。絶体絶命の中、氷の瞳を持つ女暗殺者(アサシーナ)のサリヤが現れたことで難を逃れるが、今度はサリヤに狙われることに。サリヤはガルシアと、彼の怨敵で今や政財界を牛耳る実業家・マイケルを殺すために生きていた――。

悪の華」のスタートから17年目のシリーズ完結編。

 (光文社 2200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  3. 3

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  4. 4

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  5. 5

    浮上する緊急宣言「3.21全国拡大」変異株感染が各地で続々

  6. 6

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  7. 7

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  8. 8

    渋野はコーチと決別し遼ら助言…丸腰参戦に「最悪」の指摘

  9. 9

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  10. 10

    白鵬「年1横綱」化は待ったなし それでも引退できないワケ

もっと見る

人気キーワード