「抵抗都市」佐々木譲著

公開日: 更新日:

 物語の舞台は、日露戦争に敗北してロシアの統治下になった東京。ある日、身元不明の死体が発見され、警視庁刑事課の新堂裕作と西神田署の多和田善三が捜査を開始した。ふたりは、シャツの胸ポケットに入っていたメモ書きから、被害者が文具店の外商をしている森龍平だと突き止めた。

 だが、高等警察職員の佐浦やロシア軍将校のコルネーエフ憲兵大尉が捜査に介入し始め、単なる文具商の殺害事件ではない別のにおいが漂い始める。果たして、事件の裏にはいったい何が隠されているのか――。

 79年に「鉄騎兵、跳んだ」で第55回オール読物新人賞を受賞し、以来「エトロフ発緊急電」で第3回山本周五郎賞、「廃墟に乞う」で第142回直木賞等を受賞している著者の最新作。本作は、日露戦争で日本が負けたという架空の世界で起きた殺人事件から、そこにうごめく陰謀が暴かれる歴史改変SFミステリーだ。警察小説の旗手としての手腕を存分に発揮しつつ、あり得たかもしれなかったもうひとつの東京の街の姿が描かれているのが興味深い。その豊かな発想力と、リアリティーあふれる人間ドラマに引き込まれる。

 (集英社 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  8. 8

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  9. 9

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る

人気キーワード